名古屋市 一軒家売却

築14年、名古屋市の一軒家売却

築14年の名古屋市の一軒家を売却しました

 

離婚を機に名古屋市千種区の住宅ローンが残っていた一戸建てを売却しました。
たまたま知人のツテで売買専門の不動産業者を紹介してもらえたことで安心して事情を説明し、また初めてで何を質問すれば良いのかさえ分からなかったのですが、先回りして情報を教えてもらえました。

 

売却の際には近所に知られないよう地元の不動産屋には情報を流さず、ネットで見つけてくれた3家族が内覧に来ました。
まだ暮らしている部屋に全く知らない他人が入ってくるのはとても複雑な気持ちでしたが、なるべく高く買ってほしいというのもあって愛想よく振る舞い、家の中の照明やエアコン類は全て置いていく約束などもしました。

 

築年数的にはリフォームも必要な時期でしたので、過剰な値切りには答えられませんでしたがリフォーム分くらいは値下げして最初に内覧に来てくれた家族に売却することになりました。

 

そこから、買い手のローン審査が下りるまでが長かったです。
またその間にキャンセルされたらどうしようかとドキドキしていました。

 

なんとか審査に通って、一番大変だったのはこちら側の住宅ローンの抹消手続きの日でした。
買い手がお金を振り込んで、その確認後すぐに銀行でローン抹消手続き、残りのお金は不動産業者へ手数料支払いをして夫婦間も分配しました。
あまりに複雑すぎて正直言って二度と経験したくないくらい、その日はとても疲れました。

 

でも、人柄の良さそうな人が購入してくれたことが何より嬉しかったですし、とても楽しみにしてくれていたらしいのできっと今頃は毎日楽しく暮らしているのかと考えると、良い経験をしたなと思います。

 

 

名古屋市の一軒家を売却